なでしこジャパン
2011FIFA女子ワールドカップで日本の代表選手「なでしこジャパン」が
見事に優勝した。新聞、テレビなどでも大きく報道されており、いろんな
方々がコメントされていますが、私もそんな報道を見ながら思ったことを
書いてみます。

今回優勝出来た理由は一つではなく、このチーム全員の技術レベルが高く
なっていて、試合の中で自分が成すべきことを忠実にやっていたこと、
大柄な外国チームを相手にして、早いパス廻しで対抗して作ったチャンスを
生かして得点に繋げたこと、佐々木監督の指導、采配などすべての総合効果に
よるものであろう。

試合の経過は皆さんも知っておられるように決勝戦では世界NO1のアメリカ
チームと戦い、延長戦にまでなって2-1でリードされていたのを残り4分の
時に澤のゴールで同点に持ち込み、PK戦の末優勝となった。
PK戦になった時にテレビに写った日本チームは監督を始め、皆さんが笑顔で
あったことも、優位に立ってPK戦に勝利出来た理由の一つだったでしょう。
アメリカチームは2-1のリードから、ほとんど勝利出来ると思っていたで
あろうが、土壇場になってPK戦になって精神的に堅くなってPKのミス
(海堀選手のファインセーブや日本選手の落ち着いたPK成功)に繋がったと
思われます。

しかし、そんな多くの記事の中で私が一番感銘を受けたのは澤穂希選手が
北京五輪の時に後輩に声をかけたと伝えられている「苦しいときは私の
背中を見なさい」という言葉でした。
澤選手は本大会で得点王とMVPを受賞するという活躍をしていますが、常に
試合の中で縦横にピッチを駆け回り、日本の選手に身を持って手本を示して
いた。

「苦しいときは私の背中をみなさい」という言葉はなかなか自信をもって
言えるものでは無い。チームリーダーとして常日頃、人一倍努力をし、実力を
付けてそれを実行していたという裏付けがあってのことである。

今の日本の政治家を見ていて、この言葉を自信を持って言える人が見当たら
ないのがもっとも残念なことである。


ホームページに戻る                 2011.7.25.