開発のステップと設備


新商品の開発から本格的生産に至るまでには、幾つかのステップを踏んで進められるのが
普通である。
その各段階には、それぞれの役割、目的があり、段階をとばして事業化を進めると、本格的
生産に入ってから、トラブルが起こり、却って無駄が多い結果に成りがちである。

いきなり、本生産設備だけで事業化に入り、あとで設備の不備や不足が分かり、また少量の
サンプル試作にも、一時間に数100キロの能力の設備を使うなど、小回りがきかず、営業、
開発に苦労した例がある。

1:ビーカー スケール段階
 (1)装置     ガラス器具など     容量;数CC 〜 数100CC
 (2)サンプル   数g 〜 数100g、  繊維品 B5 〜 A4 サイズ
 (3)機能、目的  
   :原理的、技術的に可能かどうかの検討
   :基本物性、風合い等で実用性の第一次セレクト
   

2:ベンチ スケール段階
 (1)装置     オートクレーブなど   容量;1 l 〜 数10 l     
 (2)サンプル   数Kg 〜 数10Kg、 繊維品 1m2 〜 数10m2   
 (3)機能、目的
   :少量で商品化の可能性を検討
   :商品試作(評価用の小サンプル)
   :製造条件の基礎データー採取
   :生産設備検討用データー採取

3:パイロット スケール段階(事業化の前段階、初期段階)
 (1)装置     小型反応装置      容量;100 l 〜 数100 l
 (2)サンプル   10Kg 〜 数100Kg、  繊維品 100m2 〜 数100m2
 (3)機能、目的
   :マーケッテング 用サンプル試作
   :テスト施工、使用などでの実用データー採取
   :試験生産、販売
   :生産技術の検討(品質、コストなど)
   :本生産設備設計データー採取
   :技術改良研究


   ホームページに戻る