iPS細胞
iPS細胞(人工多能性幹細胞)は京都大学の山中伸弥教授が世界で始めて
ネズミの細胞から作成されたもので、この細胞から身体のあらゆる
部分の細胞の再生が出来るという。例えば皮膚の細胞から作ったiPS細胞から
心臓、肝臓、神経など色んな臓器の細胞を再生出来るという画期的な技術である。
昨年ノーベル賞が受賞出来るのではと報道されていました。昨年は受賞され
ませんでしたが、いずれは受賞される画期的な開発だと思っています。

このiPS細胞の実用化への動きが進展していることが報道されていたのを
読んで、以前から興味を持っていたので、門外漢の私なりに思ったことを
書いてみます。
生物は総べて一つの受精卵が分裂を繰り返しながら大きく成長する段階で
骨格や内臓や皮膚など体の各部分に分化していき一個の生命体を形成していき
ます。
元々体の各部分になる設計図を内在した染色体を持った一個の細胞が分裂して
出来た物ですから、各細胞が潜在的には体の何処の部分にでも成り得る性質を
持っていてもおかしくは無いと思う一方、一度各部分の特性を発揮するように
分化した細胞は、不可逆的に変わってしまっているとも思われていました。

上記のような常識に対して、それぞれ役割分担が決まってしまった身体のどこの
細胞でも、それに四つの遺伝子を組み入れたiPS細胞を作ることで、受精卵の
ように、体の何処の部分の細胞にでも成り得る機能を持たせたもので、その
発想は再生医療の今後の発展に大いに貢献するものだと思います。

自分の体の細胞から作成したiPS細胞で作られた臓器であれば、あとから体内に
入って来ても拒絶反応など起らないので、他人からの臓器移植を頼ることがなく
安心して移植治療ができることになります。臓器移植を必要とされている方が
大勢居られますが、この開発は大きな朗報になるでしょう。
まだ今から臨床研究に進み、それから実用化に進んで行く段階のようですが、
日本発の新技術が世界の人々のお役に立てることになるのを嬉しく思いながら、
今後の実用化の進展を期待しています。


ホームページに戻る                    2012.7.25.