不安と合理的判断
東日本大災害で津波に倒された陸前高田市の松で作った薪を京都「五山
送り火」の大文字で燃やす計画が、放射能汚染を心配する一部の人の声を勘案
して中止された。
京都市と地元保存会がすべての薪を検査して、放射性物質が検出されない
ことを確かめたが、なお不安があるとの声に対する慎重論から苦渋の決断を
したと報道されていた。

私はこの決断に対して不満がある。こんな判断を日本人がしている限り
全く汚染されていない牛肉や農産物を正しい理由もなく購入しないといった
風評被害が無くなることがなく、苦労して育てた生産者に不当な損害を与え
続けることになる。
使用しないと決めた保存会は、安全な物は安全だとの結論を貫いて、使用を
決定すべきであった。(勿論、分析結果が正しく、すべての情報が公開されて
いる事が前提になる)
安全なのに食べないといったことが、何の根拠もない「不安」という理由に
よって続けられるならば、今後とも畜産家や農家は経済的にも非常な損失を
受け、日本全体の経済にも損失になる。

テレビや新聞に取り上げられていた評論家の意見記事でも、薪を使用しない
との決定に、不安に思う気持ちは分かるといった中途半端なコメントを云って
いた例が見聞きされたが、マスコミはこんな論評を取り上げず、「使用しない
のは風評被害を助長するもので、間違っている」と云ったはっきりした意見を
大きく報道すべきであった。
マスコミの報道がそのように明確な結論を報道することが、今後の誤った風評
被害を防ぐことになると思う。

新聞報道によれば保存会が被災松の使用計画を中止した理由に、「やったら
やったで批判が出るし、やらなければ苦情が出る、騒ぎは避けたい」といった
ことから決めたとあった。これが日本人的発想の典型的な形のように感じたが、
こんな思考法から脱脚すべきです。
「騒ぎを避けたい」が理由では、今回のようなはっきりしたデータがあるのに、
責任有る立場の人達の判断基準としては、納得出来ません。安全な物は大丈夫
として使用する決断をすべきであった。
災害で亡くなった家族や復興への思いを薪に書いて、準備した方々のことを考え
ると情けない思いで一杯になり意見を書きました。


ホームページに戻る                    2011.8.25.