燃料電池の燃料源
最近、燃料電池、特に燃料電池車について、テレビや新聞、雑誌によく取り上げられている。

燃料電池は水素と酸素の反応を使って発電する電池で、発電の排気としては水が発生するだけで
今、地球の温暖化の大きな原因となっている炭酸ガスを発生しないクリーンなエネルギー源として
期待されているもので、ぜひ、早く成功させたいものである。

しかし、自動車用の燃料電池の水素を何から作るかが問題になっている。
ダイムラー、クライスラーはメタノールから水素を得る方式を考えているのに対し、トヨタは
ガソリン系の燃料を使うことで開発を進めていると報道されている。

地球の温暖化を考える場合、長期的なエネルギー問題の一貫として考えて、地球規模の資源の循環
から考えていく必要があろう。

メタノールの場合、バイオマス、即ち、炭酸ガスを吸って成長する植物を発酵させて得られるなど
地球規模で循環、再生可能な燃料源である。
それに反し、ガソリン系の燃料は化石燃料から取り出され、資源の循環が出来ず、長期的にも、
資源の枯渇が見えているものであり、少しでも使用量を減らすべきものである。
これからの研究開発は長期的な視野に立って、環境にどちらが優しいかを判断基準にするのが望ましい。

最近の新聞に、バナナなどの食料資源の収穫後の残資源と太陽光や風を利用した発電電力による
水の電気分解からの水素を使ってメタノールを作る提案が紹介されていた。
これも、化石燃料を使わずリサイクル可能な資源を使おうとするもので、実施には解決すべき点が
多々あるだろうが、今後の有るべき方向に向いた案であろう。

私も、以前から考えている一つの方法として、不毛の砂漠地帯などを借りて、太陽発電設備を作る
ことがある。
10キロメートル四方で数1000万KWの電力が得られるだろうから、長期的な温暖化、資源対策として
各国が軍事費の何割かを拠出して、このような設備を共同で設置し、現在の炭酸ガス排出量の削減を
実施出来ないものかと思う。


ホームページに戻る