自動車の安全システム
道路に設置したアンテナ網と自動車との間で情報を交換し事故防止にも
寄与出来る次世代道路交通システムが、この秋から稼働される見込みになっ
たと新聞に報道されていた。私も以前から自動車の安全対策システムについて
いろいろと考えていたので、思っていることを書いてみます。

自動車の事故で一番気になっていることはスピードの出し過ぎです。事故の
大半は速度を遅くすれば起らないか、起っても重大事故に繋がり難いと思って
います。今回のシステムが出来れば一番にやってほしいことは、速度規制の
自動化です。道路には最高速度規制がありますが、道路側の信号で自動車の
最高速度が自動的に制限されるようにすることです。それによって暴走する
車を根絶することができます。
最近トレーラートラックの横転事故もよく起っているが、これもカーブを曲る
時などの速度制限が自動的に行われれば防ぐ事が出来ると思います。
JR福知山線での脱線事故のようなことを防止するATC設備と同じ考え方です。
市街地では40Km/時など、高速道では80Km/時の速度制限信号を発して
それ以上の速度が出ないようにしてしまうことが出来るでしょう。(パトカー
などな別)

また新システムでは車一台ごとの位置と速度情報を集約出来るようなので、
そのデータを基に、速度違反を取り締まるようにすれば、無謀運転を防ぐことに
効果があるだろう。上記したように、速度そのものを道路側から制限すれば
無謀運転そのものもなくなりますが、もし不心得者がいても取り締まれる。
どちらかのシステムが先行するなら安く、早く設置出来る方を行えばよい。
先日も渋滞の最後尾に止まっていた車にトラックが突っ込むと云う事故が報道
されていたが、こんな時にも後続のトラックを止めることが出来るでしょう。
走行速度に応じた車間距離をとるように強制することも出来ます。

また交差点の一時停止なども道路側からの信号で強制的に行うことが可能に
なり、信号無視なども出来なくなります。
このような車載の速度制御システムは封印されていて、勝手に変更など出来ない
ようにするのは当然です。

今回のシステムとは関係ありませんが、自動車の運転システムとして以前から
何とか別の方法が考えられないかと思っているのが、ブレーキとアクセルの
踏み間違いの解決策です。
この間違いによって車が店に突っ込んでしまう、上階の駐車場で壁を突き破って
下に落下してしまったなどの事故が報道されています。
同じ足でブレーキとアクセルを踏み変えて踏み込むというシステムは人間工学的に
云っても不合理な動作です。
ブレーキとアクセルとは反対の動作にするべきであって、ブレーキは踏む方向
アクセルは引く方向にすべきで、人間はとっさの場合足の位置を忘れて踏ん張る
方向に動作するのでブレーキは踏む方向、アクセルは引く叉は横に押すような
別方向への動作で、踏み変えしないようにするのが間違いが起らない方策でしょう。
一つの足でブレーキとアクセルを踏み変える方式は昔から踏襲されているよう
ですが、上記以外にも良い方式がないか自動車メーカーは研究してほしい。

高齢化社会になって、歳をとっても車がないと生活が成り立たない人が増加する
ようになる。もみじマークではなく、ETCカードのように免許証を挿入すれば、
自動的に免許証に応じた走行速度にする事も出来る。
新しい安全なシステムを稼働することが、交通安全に大いに寄与すると期待する
ので早く、広く普及させて安全な車社会になって欲しい。


ホームページに戻る                      2009.8.25.