技術屋の部屋

      飯嶌 宏のホームページへようこそ      2013.2.21. 更新

                  訪問者


    技術屋の世界は楽しく、面白い!


 私は技術屋という言葉の響が好きです。
 技術者というよりも、なんとなく人間味があるような気がするからです。
 技術の世界に関係する人も関係無い人も含めて、主として技術に関連した話題を
 共有出来るホームページに成ればよいと思います。

 私も先輩から色々の事を学びました。そんな中で良いことは少しでも次の世代に伝えて
 いきたい と思っています。

       顔見えぬ 人とふれあい 33000回  (2012.7.12.)   


  目次    技術メモ   思うことへ   遊びのページ
 
ちょっと一言
 :
先に書いたようにパソコンの状態がますます悪くなっています。故障で突然終わりに
  なるよりも、自ら終わりにした方が良いと考え、今回
最終章として書き技術屋の部屋を
  閉じることにしました。
(2013.2.21)
 
:先進国の平均余命が新聞に報道されていたが、日本人が世界一長寿命であることが
  示されていた。この結果は予想されていたが世界の他の国の数値と比べて思った
  ことを
平均余命と題してかきました。(2013.1.25.)
 :
散歩の途中で見かける表札について、見やすい物や読み難いものなどいろいろある
  ことに気がついて、その材質や文字の色の組み合わせなど、どうしたら表札の目的に
  叶っているかなど思ったことを
表札と題して書きました。
  なお、4月に
引退の予感で書いたように、最近パソコンの調子がますます悪くなって
  きて、今回のものを書くにあたっても何度もスイッチを入れ直すような状況です。
  今後も書く努力は続けたいとは思っていますが、何時終了になるか心配しています。
  一方で、そろそろ終わる潮時かとも思っています。
(2012.12.25.)
 :
選挙が近づいてきて、各政党が脱原発の方針など表明しているが、日本のエネルギー
  問題について、何を選択するかが問われている。選択基準を考える上では一長一短が
  あるので、
エネルギー選択の矛盾と題して書きました。(2012.11.26.)
 :
日本製のカンナや霧吹きがその性能を評価されて世界の職人さんに使用されている
  事を知り、また展示会で日本の物作りを支えている多くの企業がある事を知って
  感じた事を
日本人と物作りと題して書きました。(2012.10.26.)
 :
ニホンカワウソが環境省から絶滅種に指定されたとの記事やオオカミを絶滅した
  為に鹿による森林への食害が起ってその対策をする羽目になったり、又オオカミを
  保護する方へ方向転換するうごきがあることなどの報道をみて、
絶滅種と題して
  思ったことを書きました。
(2012.9.26.)
 :
オリンピックが終わって日本は過去最高の38個のメダルを獲得し、我々に多くの
  感動を残してくれた。そんな中で特に感動して思ったことを日本選手を中心に
  
オリンピックと題して書きました。(2012.8.26.)
 :
京都大学の山中教授が開発されたiPS細胞が実用化に向かって臨床研究へ進むと
  新聞に報道されていた。この技術により、例えば皮膚の細胞から心臓、肝臓など
  色んな臓器の細胞を作る事が出来るようになる。以前から興味を持っていたこと
  なので、
iPS細胞と題して書きました。(2012.7.25.)
 :
関西空港と伊丹空港の経営統合がなされ、国土交通省の運営方針が示されたが
  伊丹空港を閉鎖して関空に一本化するとの決断が示されていない事が不満で
  
新関空への構想と題して、関西空港の在り方について書きました。(2012.6.24.)
 :
最近のバス事故やホテルの火災などでの、大勢の死者や怪我人発生の報道を見て、
  人命にかかわる事項に関しては安全指針とか指導などといったやり方では駄目で
  罰則付きの規制が必要だと思い、
安全と法規制と題して書きました。(2012.5.25.)
 :テレビに出演されている評論家の三宅久之さんが引退をしたいとの意向を表明
  されていた。私と同年代でありご意見に同感することが多くあったので引退される
  のが残念であると同時に、私のホームページの今後についても思わされたので
  
引退の予感と題して書きました。(2012.4.26.)
 :
三菱重工業の神戸造船所で建造された最後の商船の進水式が行なわれたとの
  記事を読んで、学生時にここで進水式をみて感激した事を思い出しながら、いまは
  技術屋としての経験を経て思ったことを
進水式と題して書きました。(2012.3.26.) 
 :
昨年腰の手術をしたことを書きました。約8ヶ月経って1時間以上歩けるように
  なりましたが、まだ杖が手放せない状態にあります。そんなことから腰が人体の
  要(かなめ)であることを再認識し、
体の要と題して書きました。(2012.2.25.)
 :
先に棚田について書きましたが、里山も人と自然の交流を通じて人の心を和ませる
  存在なので、
里山と題して感じている事を書きました。(2012.1.25.)
 :
朝日新聞が学校でパソコンを教育に利用している現状を取り上げていた。私も、
  パソコンを教育に利用するべきだとの意見を何度か取り上げて書いていますが、
  この記事をみた感想を
教育のシステム化と題して書きました。(2011.12.26.)
 :フィリッピンでも長い歴史の有る棚田の存続が問題になっているとの報道に接し
  日本の棚田の美しい景観を守っていくことも含めて、どうしたらよいかと思った
  ことを
棚田の保存と題して書きました。(2011.11.25.)
 :
アップル社を創業しマッキントシュパソコンを開発したスティーブ.ジョブズ氏の
  訃報に接し、マックのパソコンを長らく使用して来たファンの一人として彼の功績を
  讃えると共にご冥福を祈って
マックパソコンと題して書きました。2011.10.25.
 :先月責任ある立場の人の判断の有るべき姿について書きましたが、またもや同じ
  ような判断誤りを犯している例が報道されているのを読んで、もう一度、
決断責任
  題して書きました。
(2011.9.25.)
 :
東日本大災害で津波に倒された松で作った薪を京都「五山送り火」の大文字で燃
  やす計画が、放射能汚染が不安だとの声を勘案して中止された。薪は測定結果から
  安全だと判定されたのに、使用中止となったのが納得できず、
不安と合理的 判断
  題して書きました。
(2011.8.25.)
 :
2011FIFA女子ワールドカップで日本チームが見事優勝を果たし、私も大いに
  喜んだ一人でした。そんな中で澤穂希選手の主将としてまた選手としての活躍は
  目覚ましく感銘を受けたので
なでしこジャパンと題して書きました。(2011.7.25.)
 :
腰痛が酷くなり、歩行も困難な状態になったため手術を受けることになりました。
  約2週間の入院で6月25日に退院してきましたので、その間に感じたことなどを
  
腰痛と手術の顛末と題して書きました。(2011.6.28)
 :
東日本大震災による原子力発電所の損傷事故で放射能汚染が広がり、まだはっきり
  した解決のメドがついていないが、技術者として安全な設備を作る責務があること
  から
安全設計と題して思ったことを書きました。(2011.5.26.)
 :
東日本大震災からやがて49日が過ぎますが、この災害を前にして色んな行事の
  自粛などが行われています。そんな気持ちは大事ですが、それが行き過ぎると
  却って良くないので
大災害と自粛と題して思ったことを書きました。(2011.4.24.)
 :
今回の東日本大震災の報道の中で地震や津波の大きさが想定外であったので被害が
  大きかったような表現が多く見聞きされた。しかしこれは想定外ではなく設備計画の
  前提が違っていたのだと思い
想定外と題して書きました。(2011.3.26.)
 :
子ども手当てについて国会での討議が始まっている。育児を社会全体で支えると
  いう考え方は正しいが、高額所得者にも一律に支給するというやり方には反対との
  声が大きい。民主党が一度発表した政策を謙虚に変ようとしないのは面子にこだ
  わっているとしか思えない。それで
政策と面子と題して書きました。(2011.2.26.)
 :
今年の大学、高校ラグビーの両決勝戦をテレビで見ていて、どちらもフォワードと
  バックスと得意な戦法が異なる相手との戦いで、最後まで予断を許さぬ接戦となった。
  違った特徴を生かした者の対戦で、固唾を飲んで最後まで楽しく見ていました。
  その時に思ったことを、
大学、高校ラグビーと題して書きました。(2011.1.25.)
 :
絶滅したと思われていたクニマスが発見され、COP10が名古屋で開催されて生物の
  多様性保全策などが討議されました。また里山や棚田の効用も論議されているので
  
クニマス発見と題して思った事を書きました。(2010.12.26.)
 :
最近雑誌や新聞に賞味期限に関した記事があり、問題点を指摘する記事が載っていた。
  私も以前に
賞味期限について書きましたが、今回の記事を読んで思ったことを、また
  
もったいない賞味期限と題して書きました。(2010.11.26.)
 :
多摩川の河川敷でバーベキューをする人がゴミを放置して帰るなどの問題があり
  川崎市が場所を限定してバーベキューを有料利用とする社会実験をしていることが
  報道されていた。公園などでのゴミ箱の設置を止めてゴミの持ち帰りを推進する
  動きもあり、感じたことを
ゴミと自己責任と題して書きました。(2010.10.25.)
 :
先日新聞にクールビズ姿が定着しつつあるとの記事が載っていたが、今年テレビを
  見ていて、猛暑の中で政治家の世界ではそれに逆行しているように感じられた。
  それで
猛暑とネクタイと題して思った事を書きました。(2010.9.26.)
 :「
平穏死のすすめ」という題名の本を見かけて興味を覚えて読んでみました。老衰で
  口から食事を取れない方に胃瘻を付けて食事を注入するようなことに対しての私の疑問に
  関し答えを出して頂き、専門の医師としての体験から問題提起をされています。
  私の考えも含めて
平穏死と題して書きました。(2010.8.26.)
 
常用漢字表を見直して追加と一部削除をするという案が答申されて、鬱という字が
  含まれることになるようで、色んな意見が出されているようである。私もこのように
  文章を書いている立場も有り漢字の在り方について意見があるので
常用漢字と題して
  思ったことを書きました。
(2010.7.24.)
 :
小惑星探査機「はやぶさ」が約7年の歳月を経て地球に帰ってきて、無事カプセルが
  回収された。日本が世界に先駆けて成功させた快挙であり、技術屋としていろいろと
  思った事を
「はやぶさ」の帰還と題して書きました。(2010.6.26.)
 :
知事のグループから高齢者向けに安全な車を開発することについて提言があったとの
  新聞記事を見て、昨年私が自動車の安全なシステムについて書いたことと関連がある
  ので、もう一度
高齢者向け車と題して補足して書きました。(2010.5.24.)
 :
先日文部科学省が全国学力テストを約30%の抽出方式で行った。全国では自主
  参加を含めて約70%の学校がテストに参加したと報道されていた。私は予想より
  多くの学校が参加したことを良かったと思い、このテスト結果を正しく利用して
  ほしいと、
全国学力テストと題して思ったことを書きました。(2010.4.25.)
 :最近パソコン用のフリーソフトでプチゲームというのを探して遊び始めています。
  ゲームの種類が数十種類も有り、中には脳を活性化してボケ防止に役立つようなものも
  あります。私もボケたくないので少しずつそんなゲームをやってみています。遊び
  ながら思ったことを
パソコンゲームと題して書きました。(2010.3.26.)
 :
政治家の秘書などが違法行為をした場合に、政治家も責任を取るべきだとの論議が
  なされている。政治家を起訴するには証拠が不十分で不起訴になっても秘書が有罪に
  なった場合、政治家にも管理責任があると思い
秘書と管理責任と題して思ったことを
  書きました。
(2010.2.25.)
 :
年末の喪中を知らせる挨拶状で百歳を越えて亡くなられた方が2名あったのを見て
  日本人の長寿をさらに実感し、年賀状に書かれていた近況を読んで感じたことなどに
  ついて
年末、年始に想うと題して書きました。(2010.1.24.)
 :
民主党の予算編成にあたり、マニフェストと違った政策が出て来て、それが国民の
  声に基づいた変更だと説明されている。あれだけマニフェストの約束を守りますと
  言っていたのにどうなんだとの議論がありますが、では、どうするのが正しいやり方か
  考えたので、
マニフェストと世論と題して書きました(2009.12.25.)
 :
国土交通大臣の羽田空港をハブ空港にとの発言や関空への補給金の凍結が云われた
  ことから関西の三つの空港の在り方の見直しやハブ空港としての関空について
  議論が活発になっている。私も何度か関空の在り方について書きましたが、この
  機会にもう一度
ハブ空港と題して書きます。(2009.11.26.)
 :
私のホームページを見た方から「遊びのページが少ないですね」と云われて、見直して
  みたら、一年半ほどこの区分では書いていませんでした。心に余裕が無くなっていた
  のだと反省し、
金木犀と匂いと題して書きました。(2009.10.25.)
 :
厚生労働省の発表で100才以上の方が4万人を越えたとのことである。また最近の
  平均寿命や65才以上の人口比率なども公表されている。これらの数字を見て感じた
  ことを
100才4万人時代と題して書きました。(2009.9.25.)
 :
高速道路に設置したアンテナ網と自動車の双方向通信で安全にも寄与するシステムが
  年内にも稼働されるとの報道がなされていた。私も以前から自動車の速度を道路側
  からの信号で制限することが出来ればよいと思っていました。この報道を読んで思って
  いたことを
自動車の安全システムと題して書きました。(2009.8.25.)
 :
この度改正臓器移植法が可決成立しました。私は脳死は人の死であると思う立場で
  あり、子供の臓器移植が日本で認められないため、海外に渡航して手術を受けねば
  ならないことにに疑問を持ち何度かこの問題について書きました。今回法案が成立
  したので、最後にと思い
改正臓器移植法成立と題して書きました。(2009.7.25.)
 :
最近企業の社会的責任について多くの評論がなされているが、その中で「三方
  よし」という近江商人の理念が再評価されてよく取り上げられている、わたしも
  この理念に賛同し
「三方よし」と題して書きました。(2009.6.26.)
 :
化学工学会の学会誌に「身のまわりの化学工学」と題した連載が載せられている。
  生産設備などを設計することで進んで来た技術分野の理論を、身近な現象を例に
  して解説している点で興味深く読んでいます。私も以前に「化学工学の話」と題して
  書きましたが、この記事を読んで嬉しく思い、感想を
「化学工学の話(2)」
  題して書きました。
(2009.5.23.)
 :
WHOが海外に渡航して臓器移植手術を受けることを規制する動きがあるため、
  日本では臓器提供が出来ない15才未満の子供からの臓器移植が出来るよう法改正
  する動きにについて多く報道されています。以前に
脳死と臓器移植について書き
  ましたが、もう一度
臓器移植について思うことを書きました。(2009.4.25.)
 :
最近落語家の林家一平さんが三平の名前を襲名したことが報道されていた。また
  国会議員の中に二世、三世が多いことが問題であると論議されている。商売でも
  芸事やスポーツの世界でも親の跡を継いで活躍している人が多く、そんな場合は
  良い方に評価されていることが多い。政治家の場合は何故問題にされるのだろうと
  思い、
二世と世襲と題して感じたことを書きました。(2009.3.25.)
 :
新大阪駅と関西空港を結ぶ「なにわ筋線」の建設計画が始められるとか、羽田空港
  第5滑走路建設が検討されるとの新聞報道があった。それに関してまた思った事を
  
関西空港問題(続)として書きました。(2009.2.25.)
 :
先月年齢と線引きと題して書きましたが、その後いろいろと考えたことがあるので
  
年齢と線引き(続)として書きました。(2009.1.26.)
 :
成人年齢を20才から18才に引き下げるかどうかについて審議されていたが
  中間報告では結論が出ず先送りされたとの報道を見た。後期高齢者の問題でも
  75才での線引きに可否が議論されています。いろんな事に関しての線引きに
  ついて感じた事を
年齢と線引きと題して書きました。(2008.12.26.)
 :
先に許容時間と題して人はどの待ち時間を許容するのだろうかと、自分の尺度で
  かきました。先日日本経済新聞に交通機関の遅れにどれくらいの時間まで許すかの
  世論調査の結果の記事が載っていた。興味深くよみましたので、私の書いたことと
  対比して思ったことを
許容時間ー2として書きました。(2008.11.29.)
 :
今年大津の大津祭曳山展示館に行く機会がありました。大津の曳山のカラクリ人形は
  飛騨高山のカラクリ人形より歴史が古く、台数も13基あってそれが春、秋の
  祭礼時に巡行している。私もカラクリ人形には興味を持っていたので、これを
  契機に
大津祭とカラクリと題して書きました。(2008.10.27.)
 :
前回言葉遣いについて書きましたが、その後の失言を含めて責任問題が大きくなり
  農水相が辞任することになった。またアメリカ大統領選挙にからんで、オバマ氏が
  ペイリン副大統領候補を豚呼ばわりしたとのことで論争になっていました。
  このような報道を見て、どこの国でも発言には気を付けないといけないと、その後
  感じたことを、
言葉遣い(補)として書きました。(2008.9.23.)
 :
最近いろんなことの表現で言葉遣いが問題になり、新聞で大きくとりあげられていた。
  私も誤解を招いた経験が有り、言葉に対す相手の受け取り方や、言葉の使い方に
  大きな違いがあることを知っています。そんな記事を見て感じたことを
言葉遣い
  題して書きました。
(2008.8.23.)
 :
先月緊急地震速報についての報道姿勢について、不満を書きましたが、その後
  このシステムについてアンケートをとった結果や、7月24日に起った岩手県
  中部地震での緊急地震速報の評価などが報道されていたのを踏まえて、もう一度
  
緊急地震速報ー2として、その後思ったことを書きました。(2008.7.27.)
 :
岩手.宮城内陸地震によって大きな被害が発生しています。この地震は内陸の直下型
  地震で地震の大きな揺れを知らせる緊急地震速報の効果が発揮出来ないものでした。
  これはこのシステムの本質から無理なことなのですが、報道の一部ではこの速報
  システムに欠陥があるような表現をしていたのが気になって
緊急地震速報として
  思ったことを書きました。
(2008.6.24.)
 :
食品の表示違反や、耐震設計についての偽装など倫理にからんだ問題が多く発生
  しています。そんなことから
技術者倫理について研究しようということで、現在
  6人のメンバーで勉強しています。まだ結論をまとめるには至っていませんが
  現時点で私の感じている技術者倫理について書いてみました。このテーマについて
  関心の有る方のご参加を歓迎いたします。
(2008.5.27.


   
   目次

ご意見、ご感想などがありましたらお聞かせください
E-mail : iijima@mbox2.inet-osaka.or.jp