事務局へ           


  協会の職員はただいま5+1名。「愛の手」の子どもたちの里親さがしにまつわる活動(子どもたちの取材、里親希望者との面接・家庭訪問、委託後のアフターケア等々)を中心として、子どもたちとのキャンプや運動会などの行事、「養親のための連続講座」などの研修活動、月刊紙「あたらしいふれあい」の発行など、様々な仕事をしています。「ワーカー日記」では、それぞれの職員が、そんな協会の「日常風景」を綴っています。 


                      
 お知らせ 
        ワーカー日記、ちょっとお引越ししました。
            新しい日記ページは→ 
こちら です。
            このページもしばらくこのままおいておきます。
            過去分はこちらからどうぞ。


*日付をクリックすると、その日の日記にとべます*     

      02/03/27 「完了!!」       

 2002年03月27日(水)  /まじまじ   


 いつの間にか春が来て、桜が咲いていました・・・・。

 先月、ふるふるが書いていたように、協会はメチャクチャ忙しいひとつきを過ごしていました。土壇場に強い職員が揃っているので、底力を発揮してくれ、ようやくかたがついたところです。勤続9年のうとうとでさえ、「かつて経験のない忙しさ」で、毎日閉館時間までの残業と仕事を持ち帰ってやるという生活を続けていました。3月は行事も多く、余計に大変でした。疲れがたまってくると皆行動がおかしくなり、家族との会話が通じにくくなったり、記憶力が悪くなったり、忘れ物をしたり、壁にぶつかったり、笑い上戸になったり。先日休日出勤した私は、左腕に腕時計を2つはめていることに気付き、ヘナヘナと力が抜けてしまいました。

 日常業務にプラスアルファですので、なかなか大変でしたが、最終的には、日常業務そっちのけでやらざるをえなくなったので、申込み者の方々、子ども達には、お待たせすることになってしまい、大変申し訳なく思っています。

 昨日くらいから平常運転に戻り、少し和やかなムードになってきました。いつもの笑顔も取り戻しつつあります。これからは、「ホームページ増強・いきいきシーズン(?)」にしていきたいです。






          前ページへ     ホームへ    次ページへ